糖尿病

糖質を制限して病気にならないようにする

ご飯が大好きだという方は多いのではないでしょうか。

私もご飯が大好きで、漬物があれば、何杯でも食べることできてしまうタイプです。

ご飯っておいしいですよね。

特に白米。

お米

これだけあれば、いくらでも食べることができてしまいます。

ご飯を食べているときのあの幸せといったら表現できません。

ご飯を食べて幸せを感じている時に、自分は日本人だなぁと思ってしまいます。

でも、このご飯、ちょっとした曲者なんですよね。

ご飯を日本人は好んで食べるため、糖質が多い食生活に日本人はなりがちだといわれています。

そのため、糖質を多く摂ってしまうと、血糖値が上がりやすくなってしまったり、糖尿病になりやすくなってしまったりしてしまうんです。

最近、よく「糖質制限ダイエット」という言葉を聞きますよね。

これはご飯や麺類などの糖質を抜く、つまり食べないというダイエット法です。

糖質を摂ることで太りやすくなってしまいますので、糖質を抜いてダイエットをしようというわけです。

糖質制限をしてダイエットが本当にできるのかはやってみないと自分にそのダイエット法が合っているのかはわかりませんが、多くの人が糖質制限ダイエットを行っているので、効果があるといっても過言ではないと思います。

しかし、糖質制限ダイエットは、私のようなご飯が好きな人にとっては厳しいですよね。

だって大好きなご飯が好きなだけ食べることが制限されてしまうんですもん。

最近では、糖質に効果のある飲み物やサプリメントなども発売されているので、そういったものを利用するのも1つの方法だと思います。

いわゆるトクホと呼ばれるもので、糖質に効果のある商品も販売されていますので、糖質制限をしつつ、そういったトクホも利用するのもアリなのではないでしょうか。

このように、糖質の摂り過ぎは体にとって良くありません。

うまく糖質と向き合っていく必要があるようです。

私のようなご飯好きな人にとってはツライことですが、糖質の摂り過ぎで糖尿病などになってしまってはいけませんので、糖質を制限できるように努力していく必要があるのではないでしょうか。