血糖値

工夫して血糖値を上げないようにする

健康診断になると、血糖値やコレステロール値の結果が怖いですよね。

これらの値が高いと、健康診断で再検査ということにもなりかねません。

なので、健康診断の前日に食事に気を使って、なんとかその場をしのいでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

しかし、そのような方法では、なかなか健康診断の結果をごまかすことはできません。

健康というのは毎日の積み重ねですので、いくら健康診断の前日にちゃんとした食事をしたとしても、すぐには良い結果としてあらわれるものではないと思います。

やはり日頃から食生活に気を使って、健康であるような食事をしていく必要があるかと思います。

では、健康であるような食事というのはどのようなものが良いのでしょうか。

コレステロールや血糖値が上がらないような食事をするように心がける必要があると思います。

ダイエットではよくカロリーに注目がいってしまいますが、実は血糖値に関してはカロリーだけが悪者なのではないんです。

むしろカロリーよりも炭水化物に注目すべきだといわれています。

炭水化物には糖質が含まれています。

この糖質というものが厄介で、糖質こそが血糖値を上げる原因となってしまうんです。

そのため、血糖値が気になる方は、毎日の食事の中で炭水化物を気にして、できるだけ炭水化物を食べないようにしていくのが1番の近道のようです。

とはいっても、炭水化物をなしの食事というのはなかなか難しいですよね。

どうしても、日本人が食事をすることになると、ご飯とは縁が切っても切れないものだと思います。

でも、このご飯こそが曲者で、ご飯は炭水化物です。

ご飯を抜くぐらいのいきおいで炭水化物をしばらくは制限する必要があるかと思います。

また、同じぐらい日本で人気のあるものにラーメンがあるかと思います。

ラーメン

ラーメンはふと無性に食べたくなってしまう食べ物ですよね。

でも麺類であるラーメンも炭水化物のかたまりです。

糖質を制限するのであれば、ご飯やラーメンなど麺類を食べないように我慢していく必要があるようです。

糖質制限はつらいものだと思いますが、血糖値を上げないようにするためにも、糖質制限を頑張って行うことをおすすめしたいと思います。

血糖値を上げない食事の仕方をする

年齢を重ねるごとに健康診断の結果が怖くなる方は多いのではないでしょうか。

健康診断の結果が悪いと大変なので、健康診断の前日は食事を制限したりしてコントロールしようとしている方は多いと思います。

しかし、前日につけ刃的に食事制限などを行っても、日々蓄積されてしまったものをなかなか簡単に取り除くことはできません。

やはり健康でいるためには、日々の食生活に気をつける必要があるのではないでしょうか。

理想的な食生活は、1日3食しっかり食べることです。

その際に、栄養バランスのとれた食事を食べることが大切なのではないでしょうか。

とはいっても、外食が多くなりがちだと、栄養バランスが偏った食生活になりがちですよね。

外食で栄養バランスを意識したメニューのところも最近では増えましたが、それでもカロリーが高かったり、栄養バランスが偏っていたり、何かあると思います。

うまく栄養バランスを保つためには、やはり自炊が1番だと思います。

ただ、自炊したとしても、それが栄養バランスがきちんとしたものだとは言い切ることはできません。

上手な食べ方をしなければ、血糖値を上げる原因となってしまい、その結果、健康に害を及ぼすことになってしまいかねません。

血糖値を抑える方法の1つに食事療法というものがあります。

食事を運ぶ女性

血糖値を上げにくいものを食べることで、血糖値対策をする方法です。

食事療法といっても、何か特別なものを食べるというわけではなく、あくまでも食べ方を工夫するというものなので、そんなに難しいものではありません。

食事をするときに、食物繊維が豊富なものを最初に食べるようにしていきましょう。

食物繊維を最初に食べることで、栄養の消化吸収を緩やかなものにして、その結果、血糖値の上昇を抑えることができます。

また、早食いというのはよくありません。

満腹中枢に働きかけるためにも、ゆっくりよく噛んで食べるように心がけるようにしましょう。

早食いは臓器などにも負担をかけてしまいますので、おすすめできない食べ方です。

そして、炭水化物を意識して、炭水化物をなるべく減らすように心がけましょう。

炭水化物は糖質で、糖質は血糖値を上げる原因となりますので、炭水化物は減らしていく必要があります。

このように食事に注意するだけで血糖値を上げるのを抑えることができます。

是非、食事をする時には注意して食べるようにしていきましょう。

栄養バランスをうまく保つためには

若いころは健康診断があるといっても決して怖くないものだったと思います。

健康診断なんてどこ吹く風だったのではないでしょうか。

ところが、年齢を重ねるにつれて、健康診断が毎年やってくるのが苦痛になる方も多いのではないでしょうか。

健康診断の結果次第では、再検査なんてことになってしまうのではないかと毎年ドキドキしている方もいらっしゃると思います。

健康診断で気になるのは、コレステロールや血糖値、血圧などが主にあるのではないかと思います。

こういったものが高いと、いわゆる成人病になりやすくなってしまい、日々の生活を見直す必要が出てきてしまいます。

日々の生活の見直しというのは、具体的には食生活を見直したり、運動をしてみたりといったところでしょうか。

しかし、こういう見直しって実に面倒で大変ですよね。

可能であればせずに済ませたいものだと思います。

これらを見直せずすむためには、健康に良いたとえばサプリメントなどを取りいれるのが手軽でラクかもしれません。

どうしても普通に特に何も考えずに食事をしているだけでは、栄養が偏ってしまい、バランスのとれた食生活を送ることは難しいと思われます。

栄養バランスのとれた食生活を送るためには、時にはサプリメントなどに頼って、栄養バランスを良くする必要があるのではないでしょうか。

栄養

そういったことからも、私も実際にサプリメントを飲んで、栄養バランスが保てるように心がけているつもりです。

普通に食事をしていて、なかなか1日に必要な栄養を摂るというのは難しいんですよね。

なるべく野菜を食べるようにはしているのですが、1日に必要と言われている栄養を食事だけで摂るのはかなり難しいことだと痛感しています。

そういったことからも、私自身が痛感しているため、サプリメントなどの人工的に作られたものに頼るというのはアリだと考えています。

もっとも普通の食事をしていてバランスよく栄養が摂れるのが1番なのですが。

年齢を重ねるごとに栄養バランスというものにしっかりと向き合っていく必要があると思います。

できるだけ炭水化物を控えた食生活を試みる

炭水化物というと、ダイエットの敵だと思う方も多いのではないでしょうか。

炭水化物というと、有名なものに、ご飯や麺類などがあると思います。

こうしたものを食べないというのは非常に現実では難しいと思います。

しかし、炭水化物というのはダイエットだけでなく、血糖値も上げる原因となってしまうものなので、控えることができるのであれば、控えるのにこしたことはありません。

炭水化物を食べないようにするというのは、ダイエットだけでなく健康面においても非常に大事だといわれています。

でも、炭水化物なしの生活というのは長続きしませんよね。

現実的には炭水化物を食べないというのは不可能に近いと思います。

特に日本人はお米を愛していますので、ご飯なしでおかずだけの食事というのは不可能に近いのではないでしょうか。

なので、炭水化物をゼロにするというのは日本人にとって不可能だと思います。

どうしても炭水化物を食べてしまいますよね。

これを緩和するためには、食事をする順番を重視するということがあげられると思います。

食事をするときに、食べる順番を変えてみるだけで、炭水化物を食べるのを減らすということは可能です。

具体的にいうと、炭水化物を最初に食べるのはやめましょう。

最初に食物繊維が豊富なものから食べるようにしていきましょう。

これはつまり野菜などということになります。

野菜

野菜などを最初に食べることで、まずはお腹を満たしていきましょう。

意識しないと、ご飯を最初に食べてからという食生活になっている方は日本人には多いと思います。

ですが、この習慣は止めるようにする努力をしていきましょう。

ご飯などの炭水化物を最初に食べるのではなくて、食物繊維などが豊富に含まれている野菜などを最初に食べることを心がけるだけで、健康になることが可能となります。

ご飯を最初に食べたいという気持ちをぐっとこらえて、まずは野菜から食べるという習慣を身につけることをお勧めしたいと思います。

 

血糖値を上げないようにするためには

血糖値というのは若いころは気にする必要がなかったと思いますが、年齢を重ねるにつれて、気にしないといけないものになってくるかと思います。

よく「健康診断で血糖値が高かった。」などということを聞いたりすることがあるのではないでしょうか。

血糖値が高いと健康診断などでひっかかってしまいます。

そのため、血糖値を上げないように努力や工夫をする必要があるかと思います。

血糖値を上げないようにするためには、食事をするときに、血糖値を急に上げないように食べる順番を工夫することが1つの方法としてあげられます。

血糖値を急に上げてしまうものとは、簡単にいってしまえばご飯や麺類など、日本人が大好きなものがあげられます。

ご飯や麺類は血糖値を上げてしまうものですので、食事をするときに最初に食べないように意識することをおすすめします。

ご飯

血糖値の上昇を緩やかにすることで、血糖値を急に上げてしまう可能性を低いものにすることができます。

血糖値を急に上げてしまうと、体にとって負担がかかってしまいます。

体になるべく負担をかけないようにするためにも、血糖値を急に上げないようなものを選んで食べる必要があるかと思います。

具体的に、血糖値を急に上げないようなものとして、野菜でも葉物、豆類、海藻類、魚、肉などがあげられます。

こういったものをまず最初に食べて、血糖値の上昇を緩やかなものにして、体に負担をかけないようにしていくことをおすすめします。

逆に、血糖値を急に上げてしまうものとして、ご飯などの穀物、麺類、野菜の中でも根菜類、お菓子、清涼飲料水などがあげられます。

こういったものを食事をするときには極力あとで食べるようにしていくことをおすすめします。

食べ物というものは、人の体に直接影響を与えるものです。

そのため、体に負担が少しでも少なくなるように努力して、いつまでも健康な体でいられるように努力していくことをおすすめします。

体に負担をかけないこと、それが1番大切なことかもしれません。