工夫して血糖値を上げないようにする

健康診断になると、血糖値やコレステロール値の結果が怖いですよね。

これらの値が高いと、健康診断で再検査ということにもなりかねません。

なので、健康診断の前日に食事に気を使って、なんとかその場をしのいでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

しかし、そのような方法では、なかなか健康診断の結果をごまかすことはできません。

健康というのは毎日の積み重ねですので、いくら健康診断の前日にちゃんとした食事をしたとしても、すぐには良い結果としてあらわれるものではないと思います。

やはり日頃から食生活に気を使って、健康であるような食事をしていく必要があるかと思います。

では、健康であるような食事というのはどのようなものが良いのでしょうか。

コレステロールや血糖値が上がらないような食事をするように心がける必要があると思います。

ダイエットではよくカロリーに注目がいってしまいますが、実は血糖値に関してはカロリーだけが悪者なのではないんです。

むしろカロリーよりも炭水化物に注目すべきだといわれています。

炭水化物には糖質が含まれています。

この糖質というものが厄介で、糖質こそが血糖値を上げる原因となってしまうんです。

そのため、血糖値が気になる方は、毎日の食事の中で炭水化物を気にして、できるだけ炭水化物を食べないようにしていくのが1番の近道のようです。

とはいっても、炭水化物をなしの食事というのはなかなか難しいですよね。

どうしても、日本人が食事をすることになると、ご飯とは縁が切っても切れないものだと思います。

でも、このご飯こそが曲者で、ご飯は炭水化物です。

ご飯を抜くぐらいのいきおいで炭水化物をしばらくは制限する必要があるかと思います。

また、同じぐらい日本で人気のあるものにラーメンがあるかと思います。

ラーメン

ラーメンはふと無性に食べたくなってしまう食べ物ですよね。

でも麺類であるラーメンも炭水化物のかたまりです。

糖質を制限するのであれば、ご飯やラーメンなど麺類を食べないように我慢していく必要があるようです。

糖質制限はつらいものだと思いますが、血糖値を上げないようにするためにも、糖質制限を頑張って行うことをおすすめしたいと思います。